ピルの値段はどれくらい?相場や保険適用になるかなど気になる疑問にお答えします!

「ピルの値段って、どれくらいかかるのかな?」あなたは今、そうお考えではありませんか?
ピルを飲んでいた方が生理痛の緩和や避妊の効果があって安心だけど、お金がかかりすぎてしまうと困りますよね。

この記事では、ピルの価格相場や、保険適用になる場合の例など気になることを徹底解説しています。
ピルの種類、保険適用になるかどうかなどで、ピルの価格は変わりますが、どちらにしても高すぎて買えないものではありません。
「ピルに挑戦してみようかな?」と思うきっかけになれば嬉しいです。

ピルの種類は?


ピルと一口に言っても様々な用途で利用されています。その中でも代表的なのは、低用量ピルとアフターピルです。

こちらの項では、それぞれの意外と知られていない効果や服用方法について解説していきます。

低用量ピル


低用量ピルとは、女性ホルモンが含まれており、妊娠をふせいだり月経をコントロールすることができる薬です。

みなさんが「ピル」と言われてイメージするのは、おそらく低用量ピルの方なのではないでしょうか?

毎日同じ薬を飲むタイプと、女性ホルモンの配合量が異なるピルを組み合わせるタイプに分かれます。

低用量ピルの副作用は?

低用量ピルの副作用は、大きく分けて2種類あります。

飲み始めの2〜3週間程度、吐き気・頭痛・不正出血・乳房のはりが起こる場合があります。
これらの症状は、ピルの飲み始めだけに起こることで、長くても2ヶ月程度すれば落ち着くことがほとんどです。

ピルの成分であるエストロゲンに、血液を固まりやすくさせる特性があり、血栓ができるリスクがわずかに上がります。
血圧の測定や、血液検査を定期的に行うことで、血栓がないことを確認するクリニックが多いです。

低用量ピルの飲み方は?

毎日1回、自分で決めた時間にピルを服用します。
毎日決まった時間であれば、飲む時間帯は朝昼晩いつでも構いません。

もし飲み忘れた場合、1錠までなら気付いたときにピルを飲んで、次の日からはいつもの時間帯にピルを飲みます。
2錠以上飲み忘れた場合は、医師の判断を仰ぎましょう。

アフターピル


アフターピルも、低用量ピルと同様に女性ホルモンが含まれていますが、低用量ピルに比べて女性ホルモンの量が非常に多いです。コンドームが破れてしまった場合、コンドームをせずに性交渉してしまった場合、低用量ピルを長期間飲み忘れた場合などに使用します。

アフターピルは、あくまで緊急用として飲むものであり、日常的に飲むものではありません。

アフターピルの副作用は?

吐き気・頭痛・不正出血・乳房のはりなどが、副作用として起こることがあります。

低用量ピルの副作用として起こる血栓リスク上昇は、アフターピルにエストロゲンが含まれていないため起こりません。

アフターピルの飲み方は?

性交後72時間以内に、アフターピルを1錠飲みます。
飲む時間が早ければ早いほど、効果が高いと言われています。

アフターピル(緊急避妊薬)とは?効果や値段について現役医師が解説

低容量ピルは保険適用になる?


低用量ピルは、治療を目的として服用する場合に、保険が適用されます。
避妊目的や、生理日をずらす目的など、治療以外の目的で服用する場合には、保険が適用されません。

保険適用になる場合


低用量ピルが保険適用になる場合は、月経困難症・子宮内膜症の治療目的として服用する場合です。

月経困難症の治療

月経困難症とは、生理中に強い痛み・吐き気・イライラ・食欲不振などを感じて、生理の終了とともに痛みがなくなる症状のことです。

月経のたびに毎回薬が手放せない場合、仕事や学校に支障をきたしている場合などは、月経困難症と認められることがあります。
ピルを服用すると、月経時の痛みが軽減されたり、月経量が減ったりするといった効果が期待できます。

子宮内膜症の治療

子宮内膜症とは、子宮の内側に存在する子宮内膜組織が、卵巣や腹膜などの子宮以外の場所で、増殖や剥離を行う症状のことです。

ピルを服用すると、内膜を薄く保つことができるので、月経痛の軽減・月経時以外の腰や下腹部痛の軽減といった効果が期待できます。

保険適用にならない場合


避妊目的や生理日をずらす目的など、治療目的でない場合は、保険適用になりません。

避妊目的

ピルを飲んでいると、99%以上の確率で避妊を行うことができます。
妊娠したくなった場合は、ピルの服用をやめると、数カ月で妊娠可能な状態に戻ります。

生理日をずらす目的

ピルを飲んでいると、生理が始まる日をコントロールすることができます。
旅行中や試験中など、生理と重なってほしくないイベントの数ヶ月前から服用して、生理日をずらすこともできます。

低容量ピルの値段の比較


低用量ピルは、毎日飲み続けることを前提とした薬なので、1シートごとに販売されています。
必要な日数分のバラ売りはありません。

ピルの価格相場は、1シート(1ヶ月分)あたり、2000〜4000円程度です。
1日あたりの金額は、コンビニコーヒー1杯分程度なので、気軽に出せる金額です。

ここでは当クリニックで取り扱っているピルについて解説します。

マーベロン28

価格:2,500円/1シート

デソゲストレル・エチニルエストラジオールという女性ホルモンが含まれたお薬です。
マーベロンは「一相性」と呼ばれるピルになり、1種類の薬を飲み続けることで、効果を発揮します。

白色の錠剤が21錠、緑色の錠剤が7錠の、計28錠がシートにセットされています。
緑色の錠剤は、女性ホルモンが含まれていない「偽薬」で、薬を毎日飲む習慣をつけて、飲み忘れを防ぐためのものです。

飲み始めのうちは、吐き気・頭痛・不正出血・乳房のはりなどの副作用が起こることがあります。
わずかながら血栓ができるリスクが高まるので、定期的に血液検査や血圧測定を行っておくと安心です。

ファボワール28

価格:2,000円​/1シート
マーベロンのジェネリック薬で、有効成分はまったく同じですが、価格が安くなっています。

デソゲストレル・エチニルエストラジオールという女性ホルモンが含まれたお薬です。
白色の錠剤が21錠、緑色の錠剤が7錠の、計28錠がシートにセットされています。

飲み始めのうちは、吐き気・頭痛・不正出血・乳房のはりなどの副作用が起こることがあります。
わずかながら血栓ができるリスクが高まるので、定期的に血液検査や血圧測定を行っておくと安心です。

トリキュラー28

価格:2,300円​/1シート

レボノルゲストレル・エチニルエストラジオールという女性ホルモンが含まれたお薬です。
トリキュラーは、「三相性」と呼ばれるピルになり、女性ホルモンの配合量が異なる3種類の薬を順番どおりに飲むことで、効果を発揮します。

赤色・白色・黄色の錠剤、大きめの白色の錠剤の4種類がシートにセットされており、シートの順番どおりに薬を飲んでいきます。
飲むお薬の種類が途中で変わり、小さめの赤色・白色・黄色の錠剤は、女性ホルモンの配合量がそれぞれ異なるお薬です。
大きめの白色の錠剤は、女性ホルモンが含まれていない「偽薬」になります。

飲み始めのうちは、吐き気・頭痛・不正出血・乳房のはりなどの副作用が起こることがあります。
わずかながら血栓ができるリスクが高まるので、定期的に血液検査や血圧測定を行っておくと安心です。

ラベルフィーユ28

価格:2,000円​/1シート
トリキュラーのジェネリック薬で、有効成分はまったく同じですが、価格が安くなっています。

レボノルゲストレル・エチニルエストラジオールという女性ホルモンが含まれたお薬です。
赤色・白色・黄色の錠剤、濃い赤色の錠剤の4種類がシートにセットされており、シートの順番どおりに薬を飲んでいきます。
赤色・白色・黄色の錠剤は、女性ホルモンの配合量がそれぞれ異なるお薬で、濃い赤色の錠剤は、女性ホルモンが含まれていない「偽薬」です。

飲み始めのうちは、吐き気・頭痛・不正出血・乳房のはりなどの副作用が起こることがあります。
わずかながら血栓ができるリスクが高まるので、定期的に血液検査や血圧測定を行っておくと安心です。

まとめ

低用量ピルの価格や特徴を、簡単にまとめています。

種類 1シート(28日分)あたりの値段 特徴
マーベロン28 2,500円 1つの薬を飲み続ける
ファボワール28 2,000円 1つの薬を飲み続ける
マーベロンのジェネリック薬なので安い
トリキュラー28 2,300円 3つの薬を順番に飲む
ラベルフィーユ28 2,000円 3つの薬を順番に飲む
トリキュラーのジェネリック薬なので安い

低容量ピルはどこで購入できるの?


低用量ピルは、医師の処方せんが必要な「医療用医薬品」に分類されており、ドラッグストアなどで購入することはできません。
保険適用されない場合も、病院で医師の診察を受けてから処方されます。

病院での処方


問診、内診、採血などのメディカルチェックを行った後に、医師より適したピルを選んでもらい、処方されます。

医師の診察の結果、ピルを飲むことが適していないと判断された場合は、ピルが処方されないことがあります。
このような場合、ピルが処方されないことがあります。

  • 35歳以上で、1日にタバコを15本以上吸う
  • 妊娠中・もしくは妊娠の可能性がある
  • 以前にピルでアレルギーを起こした
  • 血栓にともなう病状(肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患など)がある
  • エストロゲンが関わっているがん(乳がん、子宮がんなど)の疑いがある
  • 肥満度が高い
  • 高血圧

自己判断が難しい項目もあるので、医師の判断を仰ぐことが必要になります。

オンライン診療


忙しいなどの理由で、クリニックの診療時間内に足を運ぶことが難しい場合は、オンライン診療を受けることができます。
オンライン診療は、病院での待ち時間もなく、移動時間もないため、時間を節約したい方にもおすすめです。

オンライン診療は、他の患者様と顔を合わせることがなく、婦人科へ出入りする様子を他人から見られることもありません。
「ピルを飲んでいることを絶対に他人に知られたくない」という場合にもぴったりです。

オンライン診療でも、問診などは対面と同様に行われて、疑問点はすぐに聞くことができるので、安心して服薬することができます。
オンライン診療で医師の診察を受けることで、クリニックへ足を運べない人も、安心してピルを飲むことができます。

こちらからLINEの友達になって、オンライン診療を受けることができます。

まとめ


「診療時間内にクリニックへ行くことが難しい」「他人にバレずにピルを服用したい」という場合は、オンライン診療を使うのがおすすめです。
オンライン診療を使えば、安全性を保ちながらも手軽にピルを購入することができます。

交通費や待ち時間も節約できることを踏まえると、オンライン診療はとてもお得です!
オンライン診療を使って、ピルを始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です