プラノバールってなに?飲み方や副作用についても解説

「プラノバールを服用するヤッペ法という避妊法を聞いたことがあるけど、他の方法と比べてどうなの?」「プラノバールはどれくらい避妊効果があるの?副作用は?」あなたはそうお考えではありませんか?プラノバールは用法用量を間違えずに服用すれば安全に利用できますし、避妊効果や月経移動も期待でき重篤な副作用もありません。ヤッペ法という緊急避妊法にもプラノバールが利用されています。

しかし最近はプラノバール以外の効果の高い緊急避妊薬も開発され、当院でプラノバールは月経移動ピルとしての処方のみ行っております。

そこで今回はプラノバールの基本情報・効果・飲み方をご紹介したうえで、アフターピルとしてプラノバールよりも効果と安全性が高いピルもご紹介します。

さらにページの後半では、ピルに興味を持った方向けに低用量ピルの効果と副作用についても解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

プラノバールとは?

プラノバールの効果

プラノバールは以下の主に2種類の目的で利用されます。

  1. 緊急避妊薬(アフターピル)
  2. 月経移動

1.緊急避妊薬(アフターピル)

1つ目は緊急避妊薬(アフターピル)として利用されます。

プラノバール を使用した緊急避妊はヤッペ法とも呼ばれています。以前はアフターピルとしてヤッペ法は一般的でしたが、実は最新の緊急避妊専用薬を利用した緊急避妊方法よりも妊娠阻止率が低いです。そのため当院でアフターピルは、プラノバール より阻止率の高い最新の薬をおすすめしています。

プラノバールは24時間以内に最初の服用を行えば、77%の確率で妊娠を阻止できますが、初回服用が24〜72時間以内の場合、妊娠阻止率は57%まで下がってしまいます。

そのため最近ではノルレボ法という、より妊娠阻止率の高い薬が一般的になり、当院でもプラノバールはアフターピルとしての処方は行っていません。

2.月経移動

2つ目にプラノバール は月経移動のためにも使われており、当院でも処方しております。

服用方法によって、生理を予定日の前後どちらへも移動することが出来ますが、一般的には遅らせるために利用されることが多いです。前にずらす方法の場合、前回の生理開始後3〜5日目までに服用を開始する必要がありますが、遅らせたい場合は生理を避けたい日の1週間前までに服用を開始すれば、高い確率で生理を避けることができます。

薬を服用している間は生理がこなくなり、服用を中止すれば個人差はありますが約5日以内に生理がくるようになります。

服用方法

アフターピル(緊急避妊薬)として使用する際は72時間以内に2錠、その12時間後に2錠を服用します。服用期間中にお酒は控えるようにしましょう。なぜなら、お酒を飲みすぎて嘔吐や下痢をしてしまうと、避妊効果が弱くなる可能性があります。また喫煙は血栓症などの副作用のリスクを高めるため避けましょう。

月経移動ピルとして服用する場合は1日1錠(食後いずれか)に服用します。生理を早める場合は、前回の生理開始日の3〜5日までの間に服用開始をする必要があります。また、遅らせる場合は来て欲しくない生理の予定日より7〜5日前までに服用開始をし、もし服用していて出血がみられた場合は1日2錠(朝夕食後)に服用し、出血が無くなったら1日1錠に戻します。

プラノバールの副作用は?腹痛や吐き気が多い?

プラノバールの主な副作用は吐き気・嘔吐、食欲不振、頭痛などです。

月経移動のためであれば、1日1錠の服用で済むので副作用はそこまで出ませんが、アフターピルとして服用する場合は、約12時間の間に合計4錠を服用することになるため、吐き気や嘔吐などの症状が現れやすいです。

そのため、アフターピルはプラノバール ではなく、副作用の少ない別が一般的になりつつあるのです。

プラノバール以外にアフターピルはあるの?

こちらの項では緊急避妊に特化した代表的な2つのアフターピルを紹介します。

レボノルゲストレル

引用:レボノルゲストレル錠1.5mg「F」(薬価基準未収載)

現在日本のクリニック・病院でアフターピルとして広く利用されているのがレボノルゲストレルです。ノルレボ錠とも呼ばれます。

72時間以内に服用することで、85%の確率で妊娠を阻止し、避妊率は98.7%です。1割程度の方に吐き気や頭痛などの副作用が現れます。

ウリプリスタール酢酸エステル

ウリプリスタール酢酸エステルは「エラ」の名称でも知られているアフターピルです。有効成分がレボノルゲストレルとは異なり、5日(120時間)以内の服用で、レボノルゲストレルと同等以上の効果を発揮します。

なお当院では上記2つのアフターピルを、どちらも取り扱っています。

性交後72時間以内にアフターピルを服用できる方には、レボノルゲストレルの「ノルレボ錠」が、72時間が過ぎてしまった方にはウリプリスタール酢酸エステルの「エラ錠」がおすすめです。

また、それぞれの種類のアフターピルについては、以下の記事で詳しく解説しています。値段や飲み方についても紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

参考記事:アフターピル(緊急避妊薬)について

低用量ピルでも生理をコントロールできる?

低用量ピルを飲むことでも、生理のコントロールは可能です。

プラノバール とは違い生理を遅らせることはできませんが、低用量ピルを服用すれば前にずらすことは可能です。服用方法も同じで、生理開始日の3〜5日ごろから飲み始め、生理を事前に来させたい日に服用をやめ、生理を来させたくない日よりも前に生理がくるよう調整することが できます。

低用量ピルは中用量ピルであるプラノバールを服用するよりも副作用が少なく、また生理をこさせたくない日にピルを服用する必要がないので安心です。

もし日程に余裕があるのであれば、生理中に低用量ピルを服用し始める方がおすすめです。

ピルを飲むと太るって本当?

プラノバール やその他のピルを飲んでも脂肪が増えることはありません。ピルにも様々な種類がありますが、それぞれの薬品の添付文書に記載されている体重増加の発生頻度は最も高いものでも0.1〜5%未満です。

しかしピルに含まれるエストロゲン(女性ホルモンの1種)の保水作用が強く出るため、水分量が増えて体重が増加することがあります。

またピルを服用することで体調が改善され、食欲増進に繋がる可能性もあります。

まとめ:ピルはオンラインで処方できます

本記事ではプラノバールを中心に解説してきました。プラノバールを緊急避妊用に利用すると、副作用が現れる可能性は高いです。しかし他のアフターピルや低用量ピルは利用しても、副作用がでる危険は低く、高い効果が期待できます。

「時間がない」「近くに病院がない」「ピルを処方してもらうために病院に行くのに抵抗がある」という方もいるかもしれません。そんな方にはオンライン診療をおすすめします。

ピルに関する質問やご相談、オンライン診療のご予約は下のライン公式アカウントより承っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です