陰部(陰茎、女性器)のできもの、しこりの原因と症状について

陰部のできもの、しこりには様々な性状がありますが、原因によってその性状や症状に特徴があります。

  • ​​​性器ヘルペス…強い痛みを伴う水疱ができる
  • 梅毒…痛みのないしこりができる、鼠径リンパ節が無痛性に腫大する
  • ​尖圭コンジローマ…痛みのない乳頭腫が陰部に散発する

​これらは性感染症ですが、潜伏期間が長く、また再発するという特徴があり、直前に性交渉がなくても発症することがあります。

性器ヘルペスについて

  • 性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスへの感染後5-10日程度で発症すると言われています。
  • ​性器ヘルペスでは、陰茎、外陰部に水疱がで痛みのある発疹、水疱ができます。
  • 初発の場合は、症状が強く出ます。
  • 単純ヘルペスウイルスには1型(HSV-1)と2型(HSV-2)があり、HSV-1は成人の70%、HSV-2は成人の10%程度が感染していると言われています。
  • HSV-1は主に口唇ヘルペスの原因ですが、性器ヘルペスも引き起こします。
  • HSV-2は主に性器ヘルペスの原因となり、HSV-1と比べて再発しやすいと言われています。
  • 治癒後も神経内に潜伏感染するため、ストレスなどをきっかけとして再発します。
  • ​稀に排尿障害や高熱などを伴うこともあります。​
  • 治療は内服薬、外用薬などでおこないます。

梅毒について

  • 梅毒は感染後3週間程度で感染部位(性器や咽頭など)に無痛性のしこりができるのが特徴です(初期硬結)。また無痛性の鼠径リンパ節の腫脹を伴うことが多いです。
  • ​感染後3ヶ月程度で、全身に皮疹(バラ疹)が出たり、顔面や手のひらにブツブツ(丘疹)が出たりします。
  • 梅毒は一度症状が出ても、しばらくすると症状が消失するため、発見が遅れることがあります。
  • 症状が特になく、血液検査上だけで梅毒の診断がつくこともあります。(無症候性梅毒)
  • ​治療は内服薬を1ヶ月以上おこないます。

尖圭コンジローマについて

  • ​尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルス(HPV)によって引き起こされる病気で、性器や肛門の周囲などに特徴的な乳頭状の腫瘍(イボ)ができます。
  • ​潜伏期間は数週間から半年までと長く、感染機会を特定することは難しいです。
  • 予防のためのワクチンがありますが、感染したHPVを排除する効果はないため、感染機会の前に接種することをおすすめします。
  • 治療は専用の外用薬(クリーム)を隔日で2週間以上塗布します。​