咽頭(のど)の性感染症の特徴

性交渉、オーラルセックスをした直後から3週間程度経ってから

  • 喉の痛み、イガイガがある
  • 喉の違和感がしばらく続いている
  • 風邪の治療をしたが、全然良くならない

などの症状が出ます。

咽頭(のど)の性感染症の原因

咽頭(のど)の性感染症の原因には

  • クラミジア
  • 淋菌
  • マイコプラズマ/ウレアプラズマ
  • その他の雑菌

などがあります。

 

主にオーラルセックスで感染しますが、キスでも感染する可能性があります。

咽頭(のど)の性感染症の検査

咽頭(のど)の性感染症の検査は

  • PCR法(精密検査)・・・淋菌・クラミジア・マイコプラズマ/ウレアプラズマ

です。

 

うがい液で検査します。

咽頭(のど)の性感染症の治療

治療方法は原因によって変わります。

 

  • 咽頭クラミジア・・・・・内服1回
  • 咽頭淋菌・・・・・・静脈注射1回
  • 咽頭マイコプラズマ/ウレアプラズマ・・・内服7日間

 

咽頭(のど)は薬の移行が悪いため、性器の感染症に比べ治りにくいと言われています。